夕暮れのアウトバーンst.jpg

2015年03月31日

ドイツ語攻略の柵を飛び越えて

ドイツ語を始めようと考えている人はどういうキッカケでそう思ったのでしょうか。ドイツ語は日本人Jリーガーのブンデスリーガ移籍などで注目される場合もあるようです。

ドイツ語は英語に比べると、日本人には馴染みやすい一面があります。英語はフランス語の名詞を多く取り入れ、かなり言語として進化しているので、現在に至るまでにドイツ語とはかなりかけ離れてしまいました。

ドイツ語での考え方は日本語でのそれと似通ったところがあります。ドイツ語は英語とは違い日本語的な思考と非常に近い言語思考構造を持っていることがわかってきます。

ところでドイツの都市で日本人が一番多く住んでいるところはどこかご存じですか?そうドイツ三越があるデュッセルドルフです。

ドイツ語には日本語になっているけど元の意味はちょっと違うというものもあります。フランクフルトソーセージ、これはドイツ語ではFrankfurter Wurstですが、地名のフランクフルトで日本では通っていますね。

ドイツ語の発音はカタカナ読みでほぼ完全と言っていいほどに対応できます。ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、若い人の間ではエるよりもエアと発音する傾向が強くなっています。

ドイツ語はもともと学術的な言葉として日本には定着しています、昔は病院のカルテはすべてドイツ語で書かれていました、だから医学生には必修の言葉だったのです。





posted by JleagueD at 18:50| ドイツ語学習教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

楽しいドイツ語教材

ドイツ語を始めようと考えている人はどういうキッカケでそう思ったのでしょうか。ドイツ語は音大生が留学先に選ぶベルリン、ミュンヘンやウィーン、ザルツブルク等で話されている言葉です。

ドイツ語は大雑把にいうと英語とは兄弟になりますので、日本人にはわりと面白く取り組める外国語です。ドイツ語の学習の第一の壁は名詞の性かも知れません。男性、女性に加えて中性名詞というのもありますが、かえって中性名詞があることでフランス語にはない合理性も感じるはずです。

ドイツ語には日本語の思考回路を思わせるようなところがあります。英語の場合はちょっとモード移行が必要なのに、ドイツ語は日本語からでも自然に話をはじめたり、切り替えたりすることができます。

ドイツ語では英語のnotに当たるnichtは文末に置かれることも多く、日本語の〜しないのような「私はそれを〜しない」という言葉の語順になります。

ドイツ語にはすでに日本語化した日本独特の表現のものもあります。アイスクリームにリーベンデールという商品があるのをご存知ですか?ドイツ語ではLiebender 「愛する人」とか「恋をしている人」とか言った意味です。文法的に言うとちょっと複雑なのですが「動詞liebenの現在分詞形liebendの形容詞的用法による人称変化liebenderの名詞的用法Liebenderとなりますが、意味的には違った解釈も可能です。

ドイツ語の発音はカタカナ読みでほぼ完全と言っていいほどに対応できます。ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、若い人の間ではエるよりもエアと発音する傾向が強くなっています。

ドイツ語はクラシック音楽ファンにはわりと親近感のある言葉ですし、オペラ作品などもドイツ語のものが多いのですね、モーツァルトが代表的です。

ドイツ語を一からはじめるのに最適なのがドイツ語マスター最短最速攻略法〜革新的ドイツ語攻略法という、日本人が速習するのに適した画期的ともいえる学習教材があります。

posted by JleagueD at 19:00| Comment(0) | ドイツ語入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

たのしむドイツ語学習

ドイツ語の学習をはじめるのには何かの強い思いが動機となることがあります。クラシック音楽ファンがドイツ語に興味を持つのはある意味必然的と言えるかもしれません。ドイツ語は日本では昔からアカデミックな言語として捉えられてきたように思えます。

ドイツ語は英語と同じ言語系統インドヨーロッパ語族ゲルマン派の言葉でオランダ語も含めてもとはかなり近い言葉だったのです。ドイツ語はある段階までは各変化や活用もわりと覚えやすいので進行も早く学習できると思います。

ドイツ人と日本人には感覚的に近いものがあります。おそらく言語的なものと思われます。ドイツ語は英語とは違い日本語的な思考と非常に近い言語思考構造を持っていることがわかってきます。

英語は話すときに否定表現notをわりと最初で述べてしまうのですが、日本語とドイツ語では話しながら最後に是非の結論を持ってくることができるのが特徴です。

ドイツ語にはそのまま日本語に移行されたような言葉もあります。ガスボンベと言うのはもともとドイツ語で、ガス爆弾という意味ですが、何故か爆弾が日本では一般家庭にゴロゴロしています。

ドイツ語の発音もとてもカンタンです。覚えるに要する時間は2時間くらいで十分です。フランス語の発音は20時間かけても一気に覚えるのは難しいですので、ドイツ語は日本人に向いていると言えます。ドイツ語の発音で難しいのはMuseum(ムゼウム)など音節の切れ目がいくつか考えられる場合ですが、あとは混乱はほとんどないと言ってよいでしょう。

ドイツ語はサッカーファンの間ではバイエルン・ミュンヘンとかヘルダーベルリン、シャルケ、ハンブルガーFCなどのチーム名と関連して響きが魅力ある言語のようです。



posted by JleagueD at 17:20| ドイツ語学習教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。