夕暮れのアウトバーンst.jpg

2015年04月30日

はじめようドイツ語マスター

ドイツ語をはじめようと決心した人は、中学校で学び始める英語とは違い、なにかその人の思い入れみたいなものがあるはずですよね。ドイツ語を母国語としているのはドイツ本国だけでなく、ハプスブルク家のオーストリア、チューリッヒ、ベルンなどを含むスイス等の公用語でもあります。

ドイツ語は英語よりも、日本語を使う私達には馴染みやすいと感じるところがあります。ドイツ語が英語と違って面倒だと感じてしまうのは、名詞に性があることかもしれません。名詞は男性名詞、女性名詞、中性名詞の3つに分かれます。フランス語等のラテン語族の2つよりも1つ多いですね。

ドイツ語の学習が進んで行くと、結構ドイツ語は英語とは違い日本語的な面が存在していることに驚きます。ドイツ語が日本語に似ていると気づく点は、それはドイツ語の独特の倒置法がおおいに影響していると思われます。

ところでドイツの都市で日本人が一番多く住んでいるところはどこかご存じですか?そうドイツ三越があるデュッセルドルフです。

ドイツ語には日本語として定着しているけど本来の意味はちょっとずれてしまっているものもあります。ガスボンベと言うのはもともとドイツ語ですが、本来はガス爆弾の意味で、この語の場合は間違って定着した言葉ですね。ドイツ語ではこの場合、ガスタンクといいます。ドイツ人にタクシーのトランクにある燃料容器を「ガスボンベ」と説明し大笑いされたことがあります。

ドイツ語の発音はとてもカンタンです。学習する時間もフランス語の発音の20分の1以下くらいの労力で済みます。ドイツ語で難しいのは変母音äöüですがエ、エ、ユで間に合いますので面白いくらい簡単です。

ドイツ語はメルセデス・ベンツ、BMV、フォルクス・ワーゲン、オペルなど高級外車のイメージがあり、重厚で厳格な響きが好まれてもいます。





posted by JleagueD at 22:40| ドイツ語入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

ドイツ語習得・簡易さと困難

ドイツ語をはじめようと思うに至るには、中学校で学び始める英語とは違い、何か自主的なものがありますよね。時としてドイツ語は、酒井高徳や酒井宏樹など、日本人Jリーガーのブンデスリーガ移籍などで注目される場合もあるようです。

ドイツ語は英語に似ているところも多数ありますが、実は日本語との類似もかなりあると感じる部分も多いのです。しかしドイツ語には英語ではすでにほとんど退化してしまっている形容詞や名詞の格変化というややこしい規則がありますから、最初のうちはちょっと面倒ですよね。

ドイツ語の学習を続けていると、結構ドイツ語は英語とは違い日本語の仕組みに通ずるものが存在していることに驚きます。ドイツ語が日本語に似ていると思い当たる点は、それはドイツ語の独自の語順の原則がその理由のように思います。

ところでドイツの都市で日本人が一番多く住んでいるところはどこかご存じですか?そうドイツ三越があるデュッセルドルフです。

ドイツ語は外来語として定着しているものもありますが、日本独特の呼び方になってしまっているものもあります。もわりと多いですが日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。ガスボンベはドイツ語ではガス爆弾という意味になるのですが、日本の家庭にはそんな物騒なものはありませんよね。ドイツ語ではこの場合、ガスタンクといいます。この語の場合は間違って定着した言葉ですね。

ドイツ語はまた発音も日本語に近い母音なので、響きも日本語的に感じる場合も多いです。ドイツ語の発音で難しいのはMuseum(ムゼウム)など音節の切れ目がいくつか考えられる場合ですが、あとは混乱はほとんどないと言ってよいでしょう。





posted by JleagueD at 21:50| ドイツ語学習教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

ドイツ語教材・限界突破で加速

ドイツ語をやってみようと思い立った人は、中学校で学び始める英語とは違い、何か自主的な動機がありますよね。時としてドイツ語は、内田篤人や大迫勇也など、日本人Jリーガーのブンデスリーガ移籍などで注目される場合もあるようです。

ドイツ語は英語との類似点は多数ありますが、実は日本語に似ていると改めて感じることも少なくありません。ドイツ語の学習の第一の壁は名詞の性かも知れません。男性、女性に加えて中性名詞というのもありますが、かえって中性名詞があることでフランス語にはない合理性も感じるはずです。

ドイツ語にだいぶ慣れてくると、ドイツ語には英語にはない特別な日本語のような感覚があり、非常に親しみを感じてくるようになります。ドイツ語が日本語に通じると思ってしまうところは、それはドイツ語の独特の倒置法が少なからず係りを持っていると考えられます。



ドイツ語には日本語として定着しているけど本来の意味はちょっとずれてしまっているものもあります。ガス爆弾、これをドイツ語ではガスボンベと言いますが、この意味だと日本ではスーパーで爆弾が売られていることになります。ドイツ語では、ガスタンクがこれにあたります。この語の場合は間違って定着した言葉ですね。

ドイツ語の発音もとてもカンタンです。覚えるに要する時間は2時間くらいで十分です。フランス語の発音は20時間かけても一気に覚えるのは難しいですので、ドイツ語は日本人に向いていると言えます。ドイツ語の発音で難しいのはMuseum(ムゼウム)など音節の切れ目がいくつか考えられる場合ですが、あとは混乱はほとんどないと言ってよいでしょう。

ドイツ語はクラシック音楽ファンにはわりと親近感のある言葉ですし、オペラ作品などもドイツ語のものが多いのですね、モーツァルトが代表的です。



posted by JleagueD at 21:40| ドイツ語入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。