夕暮れのアウトバーンst.jpg

2015年10月31日

ドイツ語マスターの極意

ドイツ語を習得している人には何か最初の切っ掛けがあったはずですよね。人それぞれでしょうがどんなことが考えられるでしょうか。ドイツ語を話す地域はドイツではもちろんですが、隣のオーストリアやスイスのドイツ語圏などの一帯で話されています。

ドイツ語は英語と比較すると、日本語を使う私達には共感できる一面があります。ドイツ語が英語と違って面倒だと感じてしまうのは、格変化で名詞だけでなく形容詞までも変化するところでしょうか、冠詞類+形容詞+名詞類(3つの性)が最大の難関かもしれませんね。

ドイツ語の学習を進めていくと、ドイツ語には英語にはない特別な日本語の仕組みに通ずるものが存在していることに驚きます。ドイツ語が日本語と類似していると思い当たる点は、それはドイツ語の独自の語順の原則がおおいに影響していると思われます。

ドイツ語では動詞の否定を表す場合、否定形は文末に置かれることが多く、これは英語のnotとドイツ語のnichtの使われる位置に明らかな相違が見られ、日本語に近くなります。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't go." "Ich gehe nicht." となり、「私は〜しない。」という否定文では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が述べられるという共通点があります。

ドイツ語には日本語になっているけど元の意味はちょっと違うというものもあります。特に知られているのがアルバイトと言う単語、バイトといえば誰もがすぐに分かりますよね、アルバイトはドイツ語では「職業」「仕事」を意味するArbeitから派生した日本語の外来語です。ドイツ語圏でもアルバイト、いわゆるバイトはあります。ではどういう風に呼ばれているかというと、part-time jobと英語を使っているんです。なんかおかしいですね。

ドイツ語の発音はとてもカンタンです。学習する時間もフランス語の発音の20分の1以下くらいの労力で済みます。ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、若い人の間ではエるよりもエアと発音する傾向が強くなっています。

ドイツ語はオペラ・ファンにはイタリア語と並んで親近感のある言葉ですし、オペラ作品などもドイツ語のものが多いのですね、モーツァルトの作品等がドイツ語オペラの代表的です。

『革新的ドイツ語攻略法』



posted by JleagueD at 20:40| ドイツ語学習教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

ドイツ語教材・停滞と突破

ドイツ語をはじめるまでの経緯は、いろいろな人生の局面が絡んでいるはずです。ホームステイのホストファミリーを務め、ドイツからの少年合唱団のメンバーを受け入れたことが契機となることもあるでしょう。ドイツ語はドイツ本国だけでなく、隣のオーストリアやスイスのドイツ語圏などの一帯で話されています。

ドイツ語は英語と比較すると、日本人にとっては理解しやすい局面があります。ドイツ語の学習の第一の壁は名詞の性かも知れません。男性、女性に加えて中性名詞というのもありますが、かえって中性名詞があることでフランス語にはない合理性も感じるはずです。

ドイツ語にだいぶ慣れてくると、結構ドイツ語は英語とは違い日本語的な面があり、感覚的な近さを感じます。ドイツ語が日本語に通じると思ってしまうところは、それはドイツ語独特の定動詞第二位の原則がその理由のように思います。

ドイツ語では否定文を作る場合、否定詞は最後に来ることが多く、これは英語の否定形との語順とは明らかに異なり、日本語に近い感じになります。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't go." "Ich gehe nicht." となり、「私は〜しない。」という否定の枠構造が、ドイツ語と日本語では同じ語順になると云う共通点があります。

ドイツ語には日本語になった時にもともとの意味とずれてしまったものもあります。ガスボンベは日本語になっているドイツ語ですが、本来はガス爆弾のことです(笑)。ドイツ語式に言えば、この場合ガスタンクが適切です。この単語の場合は誤って使われ続けている言葉です。

ドイツ語はまた発音も日本語に近い母音なので、響きも日本語的に感じる場合も多いです。ドイツ語の母音もアイウエオが基本なので英語と違って楽勝です。



最短最速攻略 ドイツ語マスター

posted by JleagueD at 21:10| ドイツ語学習教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

カンタン!ドイツ語攻略

ドイツ語の学習を始めるには、中学校で学び始める英語とは違い、なにかその人の自主性が感じられますよね。ドイツ語が使われているのはドイツ本家のほかに、ハプスブルク家のオーストリア、チューリッヒ、ベルンなどを含むスイス等の共通語でもあります。

ドイツ語は英語と構造的に共通しているところは多くありますが、実は日本語的な要素が多いと改めて感じることも少なくありません。ドイツ語が英語と違って面倒だと感じてしまうのは、格変化で名詞だけでなく形容詞までも変化するところでしょうか、冠詞類+形容詞+名詞類(3つの性)が最大の難関かもしれませんね。

ドイツ語の学習を続けていると、結構ドイツ語は英語とは違い日本語的な思考回路の作用があり、非常に親しみを感じてくるようになります。ドイツ語が日本語と類似していると気づく点は、それはドイツ語の独自の語順の原則が影響していると考えられます。

ドイツ語では動詞の否定表現の場合、否定のnichtは文末に来ることが多く、これは英語におけるnotの文法的な用法とは明らかに異なり、日本語的な言語の枠組みが見られます。「私はその本を読まない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't read the book." "Ich lese das Buch nicht." となり、「私は〜しない。」という否定の言葉がドイツ語と日本語では最後になると云う共通点があります。

ドイツ語には日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。ガスボンベはドイツ語由来の言葉ですが、ドイツ語ではボンベは爆弾のことです。ドイツ語式に言えば、この場合ガスタンクが適切です。外来語としては意味がずれて使われるようになってしまった例ですね。

ドイツ語の発音はほぼローマ字読みで対応できます。発音もカタカナで表記できて、読み方も問題ありません。ドイツ語で難しいのは変母音äöüですがエ、エ、ユで間に合いますので面白いくらい簡単です。



ドイツ語をこれからはじめる人におすすめなのが
ドイツ語マスター最短最速攻略法〜革新的ドイツ語学習法という、日本人が速習するのに適した教材があります。

posted by JleagueD at 21:00| ドイツ語学習教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。