夕暮れのアウトバーンst.jpg

2015年12月26日

はじめようドイツ語学習

ドイツ語をはじめようと思う理由は、誰でも中学校で学ぶ英語の場合とは違い、何か自主的なものがありますよね。ドイツ語を話す地域はドイツ本国だけでなく、オーストリアとスイスの一部地域の一帯で話されています。

ドイツ語は英語と構造的に共通しているところは沢山ありますが、実は日本語とも構造的に似ていると感じる部分も多いのです。ドイツ語が英語と違って面倒だと感じてしまうのは、格変化で名詞だけでなく形容詞までも変化するところでしょうか、冠詞類+形容詞+名詞類(3つの性)が最大の難関かもしれませんね。

ドイツ語の学習を続けていると、ドイツ語は意外にも英語にはない日本語のような感覚を発見します。ドイツ語が日本語に似ていると思い当たる点は、それはドイツ語の独自の語順の原則が少なからず係りを持っていると考えられます。

ドイツ語では動詞の否定表現の場合、否定のnichtは文末に来ることが多く、これは英語におけるnotの文法的な用法とは明らかに異なり、日本語的な言語の枠組みが見られます。「私はその本を読まない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't read the book." "Ich lese das Buch nicht." となり、「私は〜しない。」という否定の言葉がドイツ語と日本語では最後になると云う共通点があります。

ドイツ語は外来語として定着しているものもありますが、日本独特の呼び方になってしまっているものもあります。もわりと多いですが日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。特に知られているのがアルバイトと言う単語、バイトといえば誰もがすぐに分かりますよね、アルバイトはもともとドイツ語の「仕事」「働く」を意味する、Arbeit arbeiten から日本語になったものです。ちなみにドイツ本国では、バイトのことは、part-time job と英語を使います。面白いですね

ドイツ語の発音は日本人に取っては簡単で、カタカナ表記をそのまま読んでも楽に通じます。例えばデンマークの首都コペンハーゲンは英語ではCopenhagen[コウペンヘイゲン]ですが、ドイツ語ではKopenhagen[コペンハーゲン]です。

ドイツ語はサッカーファンの間ではバイエルン・ミュンヘンとか1FCケルン、シャルケ、ドルトムントなどのチーム名と関連して響きが魅力ある言語のようです。

革新的ドイツ語攻略法はおそらく日本人に取って最強・最速のドイツ語攻略の兵法であり最終兵器です。



posted by JleagueD at 21:10| ドイツ語学習教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

ドイツ語攻略・ポイントと注意点

ドイツ語をはじめようと決心した人は、誰でも中学校で学ぶ英語の場合とは違い、何か自主的なキッカケがあるはずですよね。ドイツ語が使われているのはドイツとウィーンのあるオーストリアや首都ベルンを含むスイスなどの周辺で使われている言語です。

ドイツ語は英語と構造的に共通しているところは多くありますが、実は日本語に似ていると思われることも多いですね。ドイツ語が英語と違って面倒だと感じてしまうのは、名詞に性があることかもしれません。名詞は男性名詞、女性名詞、中性名詞の3つに分かれます。フランス語等のラテン語族の2つよりも1つ多いですね。

ドイツ語の学習が進んで行くと、ドイツ語には英語とは根本的に異なる日本語の漢字・かな的な発想があり、感覚的な近さを感じます。ドイツ語が日本語に近いと思い当たる点は、それはドイツ語独特の定動詞第二位の原則がその理由のように思います。

ドイツ語では動詞を否定する場合、否定語は文末に持ってゆくことが多く、これは英語におけるnotの文法的な用法とは明らかに異なり、日本語的な言語の枠組みが見られます。「私はそれが好きではない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't like it." "Ich mag es nicht." となり、「私は〜しない。」という否定の文章では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が表される共通点があります。

ドイツ語には日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。代表格がアルバイトというもともとはドイツ語の言葉、最近はバイトで定着していますが、ドイツ語の「仕事 Arbeit」 「働く arbeiten」が日本語になったものです。ちなみにドイツ語ではバイトはアルバイトでは通じません。英語のpart-time jobを外来語として使っています。変な現象ですね!

ドイツ語の発音はほぼローマ字読みで対応できます。発音もカタカナで表記できて、読み方も問題ありません。ドイツ語の母音もアイウエオが基本なので英語と違って楽勝です。

ドイツ語はもともと学術的な言葉として日本には定着しています、昔は病院のカルテはすべてドイツ語で書かれていました、だから医学生には必修の言葉だったのです。

『革新的ドイツ語攻略法』

posted by JleagueD at 19:50| ドイツ語学習教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

親しめるドイツ語

ドイツ語をはじめるきっかけは、人により様々だと思います。ホームステイのホストファミリーを務め、ドイツからの少年合唱団のメンバーを受け入れたことが契機となることもあるでしょう。ドイツ語を話す地域はドイツ本国だけでなく、オーストリア全土、スイスの一部地域、リヒテンシュタインなどの共通語でもあります。

ドイツ語は英語に似ているところも沢山ありますが、実は日本語ともかなり近いと改めて感じることも少なくありません。ドイツ語が英語と違って面倒だと感じてしまうのは、格変化で名詞だけでなく形容詞までも変化するところでしょうか、冠詞類+形容詞+名詞類(3つの性)が最大の難関かもしれませんね。

ドイツ語は思考の言語構造が日本語に似たところがあるように思います。ドイツ語が日本語と類似していると思い当たる点は、それはドイツ語独特の定動詞第二位の原則が少なからず係りを持っていると考えられます。

ドイツ語では動詞の否定を表す場合、否定形は文末に置かれることが多く、これは英語におけるnotの文法的な用法とは明らかに異なり、日本語的な言語の枠組みが見られます。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't go." "Ich gehe nicht." となり、「私は〜しない。」という否定の言葉がドイツ語と日本語では最後になると云う共通点があります。

ドイツ語には日本語になった時にもともとの意味とずれてしまったものもあります。ガスボンベはドイツ語ではガス爆弾という意味になるのですが、日本の家庭にはそんな物騒なものはありませんよね。ドイツ語では、ガスタンクがこれにあたります。外来語としては意味がずれて使われるようになってしまった例ですね。

ドイツ語の発音はほぼローマ字読みで対応できます。発音もカタカナで表記できて、読み方も問題ありません。ドイツ語の発音で難しいのはMuseum(ムゼウム)など音節の切れ目がいくつか考えられる場合ですが、あとは混乱はほとんどないと言ってよいでしょう。

ドイツ語はもともと学術的な言葉として日本には定着しています、昔は病院のカルテはすべてドイツ語で書かれていました、だから医学生には必修の言葉だったのです。

革新的ドイツ語攻略法はおそらく日本人に取って最強・最速のドイツ語攻略の兵法であり最終兵器です。

posted by JleagueD at 19:40| ドイツ語学習教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。