夕暮れのアウトバーンst.jpg

2015年12月05日

ドイツ語習得・攻守の確立

ドイツ語をはじめようと思う理由は、中学校からの英語とは違い、なにかその人の思い入れみたいなものがあるはずですよね。ドイツ語を話す地域はドイツ本家のほかに、隣のオーストリアやスイスのドイツ語圏などの一帯で話されています。

ドイツ語は英語との類似点は多数ありますが、実は日本語との類似もかなりあると思わせる部分も多いです。ドイツ語が英語と違って面倒だと感じてしまうのは、名詞に性があることかもしれません。名詞は男性名詞、女性名詞、中性名詞の3つに分かれます。フランス語等のラテン語族の2つよりも1つ多いですね。

ドイツ語の学習が進んで行くと、ドイツ語は意外にも英語にはない日本語の仕組みに通ずるものがあり、感覚的な近さを感じます。ドイツ語が日本語と類似していると思い当たる点は、それはドイツ語の語順の流動性がその理由のように思います。

ドイツ語では否定表現の場合、否定を表す言葉は最後に来ることが多く、これは英語の否定形との語順とは明らかに異なり、日本語に近い感じになります。「私はその本を読まない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't read the book." "Ich lese das Buch nicht." となり、「私は〜しない。」という否定の文章では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が表される共通点があります。

ドイツ語には日本語になった時にもともとの意味とずれてしまったものもあります。代表格がアルバイトというもともとはドイツ語の言葉、最近はバイトで定着していますが、アルバイトはもともとドイツ語の「仕事」「働く」を意味する、Arbeit arbeiten から日本語になったものです。ちなみにドイツ本国では、バイトのことは、part-time job と英語を使います。面白いですね

ドイツ語の発音は日本人に取っては簡単で、カタカナ表記をそのまま読んでも楽に通じます。ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、最近ではあまり大げさにやらなくなってきています。



ドイツ語を速攻でマスターしたい。ゼロからはじめるのに適した効率的
10倍速ドイツ語脳育成プログラムbなら納得のドイツ語攻略ができます。



posted by JleagueD at 21:50| ドイツ語学習教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

ドイツ語マスター・苦楽と歓喜

ドイツ語をはじめようと思った人は、何がきっかけでそういう思いになったのでしょうか。ドイツ語が話されているのはドイツ連邦共和国だけでなく、ハプスブルク家のオーストリア、チューリッヒ、ベルンなどを含むスイス等の一帯で話されています。

ドイツ語は英語との類似点は多数ありますが、実は日本語的な要素が多いと思わせる部分も多いです。しかしドイツ語もごく最近新書法という、コンピュータへの対応も見越したスペリングの改革が行われました。これは往年のドイツ語の文学的芳香を消し去るもので到底受け入れがたいとの声もありますが、時代の流れに押し寄られた形になってしまうのは、生きた言語としての宿命みたいなものがあるのも受け入れざるをえない事実です。

ドイツ語にだいぶ慣れてくると、ドイツ語は意外にも英語にはない日本語的な面があり、感覚的な近さを感じます。ドイツ語が日本語に近いと気づく点は、それはドイツ語の語順の自由性がその理由のように思います。

ドイツ語では否定表現の場合、否定を表す言葉は最後に来ることが多く、これは英語の否定表現とは明らかに語順が違い、日本語のような枠構造になります。「私はタバコを吸わない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't smoke." "Ich rauche nicht." となり、「私は〜しない。」という否定の文章では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が表される共通点があります。

ドイツ語は外来語として定着しているものもありますが、日本独特の呼び方になってしまっているものもあります。もわりと多いですが日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。ガスボンベはドイツ語由来の言葉ですが、ドイツ語ではボンベは爆弾のことです。ドイツ語式に言えば、この場合ガスタンクが適切です。この単語の場合は誤って使われ続けている言葉です。

ドイツ語はまた発音も日本語に近い母音なので、響きも日本語的に感じる場合も多いです。ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、最近ではあまり大げさにやらなくなってきています。



最短最速攻略 ドイツ語マスター

posted by JleagueD at 18:20| ドイツ語学習教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

ドイツ語習得のきっかけ

ドイツ語をはじめようと思うに至るには、義務教育ではじめる英語学習とは根本的に異なる、なにかその人の思い入れみたいなものがあるはずですよね。ドイツ語が話されているのはドイツとオーストリアとスイスの一部地域の共通語でもあります。

ドイツ語は英語よりも、日本人には理解しやすいと感じるところがあります。しかしドイツ語には英語では簡略化されている格変化というややこしい活用形がありますから、ちょっと面倒ですよね。

ドイツ語を学習して、ドイツ語になれてくると、結構ドイツ語は英語とは違い日本語の漢字・かな的な発想が存在していることに驚きます。ドイツ語が日本語と似通っていると思ってしまうところは、それはドイツ語の語順の流動性がその理由のように思います。

ドイツ語では動詞の否定表現の場合、否定のnichtは文末に来ることが多く、これは英語の否定形との語順とは明らかに異なり、日本語に近い感じになります。「私はタバコを吸わない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't smoke." "Ich rauche nicht." となり、「私は〜しない。」という否定の表現がドイツ語と日本語では最後に置かれるという共通点があります。

ドイツ語には日本語になった時にもともとの意味とずれてしまったものもあります。代表的なのがアルバイト、もっとも最近ではバイトと言ったほうが通じやすいですが、アルバイトはもともとドイツ語の「仕事」「働く」を意味する、Arbeit arbeiten から日本語になったものです。このドイツ語のArbeitには日本語のバイトの意味はありません。バイトに当たるドイツ語は一般的には存在しません。

ドイツ語の発音はカタカナ読みでほぼ完全と言っていいほどに対応できます。ドイツ語の発音で難しいのはMuseum(ムゼウム)など音節の切れ目がいくつか考えられる場合ですが、あとは混乱はほとんどないと言ってよいでしょう。



初心者が挫折しないで難しいドイツ語の活用を簡単に習得できる学習教材として評判の高いのが
ドイツ語マスター最短最速攻略法〜松平勝男 革新的ドイツ語学習法という教材です。

posted by JleagueD at 18:30| ドイツ語学習教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。